便秘解消の体験談

ホーム ≫ 原因不明。慢性的な便秘で薬に頼ったが…

原因不明。慢性的な便秘で薬に頼ったが…

中学生のころから慢性的な便秘で、お通じがあるのは週に一回とか二回くらいです。現在三十四歳になりますが、年々ひどくなり一週間くらい出ないこともよくあります。また仕事が事務ですので基本的に体を動かすことも少ないのも原因だと私は思っています。

慢性的な便秘。食物繊維を摂取し、マッサージしてみたが改善しない

私の妹も母親も便秘気味ですので家系的に便秘な一族なのかもしれません。もしくは食べるものなどが偏っているから便秘なのかもしれません。など考えると原因はたくさんあるのですが、どれが根本的な原因か、それはわからないのです。

さすがに一週間も便が出ないと体が重たくなってしまいます。動きづらくなりますし、自分でもわかるのですが、体にたくさん物が詰まっている感じというのがわかるのです。しかもそれを排出することができないのでしんどいですし体がどんどん重たくなっていきます。

改善すつために、毎日お通じによいもの食物繊維が豊富なものを摂取するようにしています。おからがごぼうやさつまいもなどです。たくさん食べるのではなく適量摂取してきちんと噛むようにしています。もちろん水分も欠かさないようにしていますし、一口食べては水分も補給ということを繰り返しています。

しかしおならは出るものの便まではでないのです。

しかも食物繊維ですから体にとどまってしまいます。ただでさえ便秘で重たい体が食物繊維をとることで余計に重たくなってしまうのです。効果的に便を出そうとして失敗し体が重たくなってしまうだけのパターンになってしまうのです。

トイレなどに入り腸をマッサージしたりするのですが、便が詰まっていると違和感というか腸を触るとちょっとした硬さがあり、痛いわけではないのですが、これが便なのかもしれないと思うと嫌な気持ちになってしまうのです。外側からでも便を触っているのかと思うと自分の体のなかにあるものが気持ち悪いものになり、早く出したいと思ってしまいます。

薬に頼るとだんだん効果が薄れてきた

最初はそう思い、便秘薬などを利用していました。便秘薬は確かに効果があります。一日三錠のところ、最初だからと一錠のみ服用しました。それで効果がありました。しかしそれを毎日続けていると効果がなくなってしまいます。そこで二錠に増やし様子を見るようにしました。やはり効果があるものの数週間で終わってしまいます。

そして上限の三錠まで増やしました。これ以上使わないようにしよう、と心に決めていました。服用してから八時間くらいで効果が出てくるのですが、出てくる日出てこない日などまちまちになってしまい、せっかく上限まで服用しているのに効果がないなんてと絶望してしまったのです。
そして、一日に三錠三錠の合計六錠を飲むようになってしまいました。

これでもいつか効果は切れてしまうんだよな、と下剤服用の恐怖を覚え下剤をやめることにしました。
最初の数週間は出なくても仕方ない、でも一ヵ月後くらいには毎日ではなくても三日に一回くらい出るようにしたい、と思い、個人的に効果的だったブラックコーヒーやプーアル茶を飲むことにしたのです。

コーヒーも効果は切れてしまうときがありますので、効果が切れたらプーアル茶に変更して、プーアル茶の効果が切れたらコーヒーに、というローテーションにすることに決めました。

そして食物繊維も私には効果ありませんのであきらめて好きなときに食べるように、と心がけるようになりました。
今は自分の好きなものを好きなときに食べて、適度に運動をして便が出ないからといって焦ったり下剤に頼ったりはしない、という生活を送っています。

お通じは相変わらず安定しないものの、下剤を乱用するような不健康な生活からは脱却できたので薬に頼るという部分から抜け出せたことには感謝しています。

これからはもっと勉強してきちんと便秘と付き合っていきたいと思っています。