便秘解消の体験談

ホーム ≫ 便秘解消のために極端な食生活ダイエットを止めた

便秘解消のために極端な食生活ダイエットを止めた

仕事はデスクワークをしています。私は事務関連の仕事なので、職種的にも動くことがほとんどないです。私は36歳という年齢もあってか、年齢とともに運動も億劫になってきたので、ダイエットも極端なものに走りがちになりました。

特定の食品だけをつまむダイエットだとか、炭水化物だけを抜く食生活に走ったりするようになりました。仕事もそれほどカロリー消費することはない、だけど運動は嫌、ということでどうにか簡単に痩せたいということでこんな極端なことをやるようになりました。

便秘になるとやる気にまで影響してくる

こういった食生活を送っていくうちに、便秘がちになる機会が増えました。そりゃそうですよね、バランスの崩れている食事構成になっているので、便すらろくに体内で作られていないのかもしれないです。あったところで、便秘になるのは当然のような食事なので致し方ないといえばそれまでですが。

こういうダイエットを始めると、この食生活に浸っている期間便秘はずっと続きます。急いで楽に落とそうという浅はかな考えでやっているダイエットなので、いつもせいぜい1週間程度しか持たないです。便秘もそれと連動するように1週間前後近く続くこともあります。

便秘になると何もやる気が起きなくなります。私の場合、ダイエットの偏った食事が原因だと思うので、頭が働いていないからということもあるかもしれないです。

炭水化物を抜いているダイエット中は、便秘気味でぼんやり気味になって、何事に対しても意欲もわかなくなります。出張や旅行で住んでいる所から離れた距離に移動しても便秘になってしまいます。普段目にしない光景、土地に移動すると、途端に便秘になります。

便秘になると辛いので、旅行はせいぜい2日から3日程度にしています。自宅に帰れば、食生活さえ普通にしていれば、すぐに便秘が解消されるからです。出張もせいぜい2日程度でおさまっているので、自宅に帰るまでひたすら我慢しています。私の便秘の原因は食生活の偏りと、慣れていない土地に移動することで起きていることが共通点です。

便意改善のために気をつけるようになったは、特定のダイエットに頼らないで済むように日頃からカロリーコントロールをして、不溶性食物繊維を積極的に食べるようにしています。炭水化物も極端に避けないで、量を抑えて食べています。

不溶性食物繊維でもあるりんごとおから、きのこが幸いにも好きなので、便秘改善のために、食生活に取り入れています。便秘が続くと、思考停止してしまって何をするのにも意欲が下がってしまうので、極端なことをすることは避けるようになりました。

旅行中も便秘になってしまうので、一人のトイレ時間を作るようにしている

旅行中や出張中、普段とは違う生活空間に居ると途端に便秘になるので、こんなときは必ず一人のトイレの空間をキープするように努力しています。慣れない場所ということが原因で出ないのだから、せめて落ち着いてリラックスできるようにしないと便秘は2日から3日程度の旅行とはいっても、続けば辛いものだからです。

小さなことを気にしてしまう私は、旅行に一緒に行っている人と移動するときも、「あっ、忘れ物しちゃった。先に部屋に戻ってていいよ。」なんて言って、トイレにいそいそと移動して頑張ります。

便秘薬に頼るときは飲む時間に気をつけないと、観光中にとんでもないときにトイレに行きたくなってしまうこともあるので、服用すると決めたら、時間に気をつけて飲むようにしています。旅行にしても出張でも、普段の生活環境で過ごすことでも、不溶性食物繊維だけに頼っても、便が緩めになってしまったり逆に便秘気味になることもあるので、積極的に食生活に取り入れつつも、それだけに頼らずバランスの良い食事生活に変えました。

体型よりも、とにかく便秘解消に重点を置く食事生活をするようになってからは便秘をしなくなりました。思考停止して放心気味になって何もやる気が出ないよりは、多少太っていた方が健康的なダイエットのスタート地点に立てるし、便秘もなくなって良かったです。