便秘解消の体験談

ホーム ≫ 要注意!妊娠中の便秘

要注意!妊娠中の便秘

私は便秘とは長い付き合いで、学生の頃から30代の今に至るまでずっとです。3、4日の便秘は当たり前で、気づけば1週間も出てないなんてよくあります。原因は運動不足、朝ゆっくりトイレに行く時間を取らない、保育士という仕事柄、忙しくてトイレをほとんど使用しないなどいろいろ思い当たるため、どれが原因かはよくわかりません。

便秘に即座に効いたのが薬局で買ったサプリメント

便秘になると、3、4日なら慣れてしまっていて何ともありませんが、それ以上日がたつとお腹が張ってきて、吐き気がしたり、腹痛が続いたりすることがよくあります。

“便秘なんて、病気に入らない”という思いがあり、いつも自分で何とかしようとして、便秘薬を飲んでもなかなか効かないので、倍の量を飲むこともありましたが、そんな量の薬を飲んでも、便は少ししか出ず、お腹の中に残っている感じが常にありました。

そんな頑固なお腹にもよく効いたのが、イサゴールという、食物繊維と善玉菌のたくさん入ったサプリメントです。これはいつも行く近所の薬局で相談したところ、「かなり出るよ。」と勧められたものです。

見てみるとトクホ(健康保険用食品)にも認められているようなので、安心して使うことができました。飲み方は簡単で、水に粉を溶かして飲むだけです。だた、水に溶かすとドロドロするのでそのような飲みものが苦手な方にはお勧めしません。

私の場合、1度飲むだけで腹痛もなく、宿便まですべて出し切るという勢いで出まくりました。従って、用事のない日の前の夜に飲んでおき、次の日は何度も自宅でトイレに通うというようにしないと、外出先で我慢できない便意に次々と襲われるという、思わぬピンチに陥るので要注意です。

こんな風に私の便秘の解消法はいつも薬やサプリメントでした。そんな私が便秘で1番困ったのは、妊娠中です。

妊娠中に便秘になり体調に影響が。先生に相談し薬を飲用

いつもの便秘薬はお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすかもしれないと考えると心配で、飲めなくなりました。私の場合、運動は控えるように言われていたので運動はできず、寒天やこんにゃくなどの便秘によいとされる食品を多く取り入れるようにしましたが、全く出ませんでした。

そのうち、かなりお腹が張ってきて、腹痛・吐き気・めまいもひどくなり、便秘のせいなのか、妊娠の症状なのかわからず不安になり、産婦人科の先生に尋ねたところ、「もっと早くに言ってください。」と怒られました。

便秘って妊娠中は赤ちゃんを便が圧迫するので発育によくないんですね、知らなかったです。私の大量の便の横で狭そうに小さくなってあまり動かない赤ちゃんを超音波で見せてもらい、反省しました。

産婦人科では妊婦にも赤ちゃんにも影響のない薬を処方してくれます。その薬はよく効いて、出産までずっと飲んでいました。妊婦は元々便秘になりやすいそうなので、今まで慢性的な便秘だった人なら尚更ですね。

妊娠中で便秘気味の方は、便秘だからと済ませずきちんと先生に相談することをお勧めします。自分の便のせいで窮屈そうにしている元気のないわが子を見るのは、すごくつらいです。

その後出産してからは、子どもに合わせて野菜をたくさん取るようになり、子どもと公園や近所で遊んだり、散歩をしたりするうち、便秘は改善してきています。今は、3,4日に1度は自然に出るようになりました。でも普通の人からすればこれはまだ便秘ですよね。

授乳中なので、薬には頼らずに過ごしたいと思い、便秘で苦しい時は、R-1という乳酸菌飲料を飲むようになりました。個人差があると思いますが、私には合っているようで、3日続けて飲めば大体スッキリ出ます。

便秘にはストレスや腸の動きなど様々な要因がありますし、ヨーグルトや乳酸菌飲料は自分に合ったものを見つけないと意味がないとききます。ヨーグルトなどは1つ1つある程度の期間、続けないと効果がわからないのでそれをしていくのは面倒だし、大変ですが自分の健康のため、これからも便秘解消法を探していきたいなと思っています。