便秘解消の体験談

ホーム ≫ 7日間でなくなり腹痛。ついに浣腸を試した

7日間でなくなり腹痛。ついに浣腸を試した

私は23歳の専業主婦で育児中です。

私は元々腹筋が少なく、腹筋が少ないせいで、腸の動きも活発ではありません。
また、食事の仕方にも偏りがあり、1日3食食べるよりは少ない量を頻回で食べる食事の仕方をすることが多いこともあってか、最近の話ではなく、小さな頃から気づいた時には慢性的に便秘気味でした。

3日ほど出ないのは当たり前で、便秘気味だな、と思っていると5日ほど経っていたということも多々あります。

便秘のまま旅行へ。そして旅行中も便秘、7日間ためてしまい、浣腸に頼った

一度4泊の旅行に行った時は5日丸々便通がなく、2日目に腹痛を感じ思い出してみると2日前から便通がなかったので7日間便秘をしていたことになり、その時はさすがに「やばい」と思いました。

旅行へは彼と行っていたので「便秘でお腹が痛いの…」と言うわけにもいかず、かといって薬局に行って便秘薬を買うのも恥ずかしく、旅行後半は腹痛と戦いながら、早く出ないかな〜としか考えていませんでした。

旅行から帰ってすぐに、初めての浣腸薬を試してあまりの効き目にもっと早く頼ればよかった〜と後悔しました。

便秘になると、前述した通り下腹部が痛くなり、便秘に気づいた頃には水分を摂っても野菜を摂ってもどうにもならないことが多く、最近では漢方薬を飲んで排便することが多いです。

アローゼンという漢方薬を飲んでいるのですが、私には効き目が悪いのか予想していた時間に便意がくることは少なく、飲んだ翌朝から夕方にかけては何も予定を入れないようにしています。

慢性的な便秘に悩まされており、今は漢方薬を服薬していますが、試した方法の中で一番楽だなと感じたのはやはり浣腸薬です。

最初は本当に抵抗がありましたが、8日ほど出ていなかった時で「背に腹は代えられん!」と思い試してみたところ、即効性もあり依存性は感じられませんでした。

その後はよく水分を摂るようにし、本当にお腹に痛みを感じた時だけ浣腸薬に頼るようになりました。
普通の浣腸薬は購入するのが少し恥ずかしいですが、私が服薬していたものはパッケージもピンクでモデルさんのポップ等もついており、購入もそこまで恥ずかしさはありませんでした。

赤ちゃんが便秘にならないようにマッサージや食事面を気を付けるようになった

普段の生活では特に水分を多く摂ることや、油ものは摂りすぎないことに気をつけています。
便通が悪いなと思い始めてからは、積極的に乳製品を摂るようにしています。

食事の時もよく物を噛んでから食べるようにして、産後、和食中心のご飯にしていた時は汁物も積極的に摂るように心がけていました。

産後特に気にするようになったのは私のことよりも、やはり子供のことで、子供が便秘にならないように気をつけてあげることも大事だなと感じました。

赤ちゃんは平均的に1日に数回、少ない排便があるという風に育児書などには記載されていたのですが、私の子はそうではなく、1日に1度多めに排便をするタイプです。病院の先生に排便のことを聞かれた際に尋ねると、そういう子もいるので2日でなかったら綿棒で浣腸をしてあげてくださいと言われました。

綿棒で浣腸というのは、赤ちゃん用の細い綿棒に保湿クリームを塗り、お尻を直接刺激してあげる方法です。
新生児の頃から溜まりやすかったので、綿棒で刺激してあげると驚きの早さ排便があり、それからも便秘気味になるとたまに刺激して排便を促しています。

赤ちゃんは腹筋が少なく腸の動きも過敏ではないので、たまにマッサージをしてあげるといいそうで、私もよく子どもにマッサージをします。
お腹に「の」の字を書くように撫でてあげたり、太ももをお腹の方に曲げて腸の動きを促したりする体操をよく行います。

今は6ヶ月なので食事などは関係ないのですが、将来的に便秘になってしまわないように、食事面でも、気をつけて行きたいなと、思っています。