便秘解消の体験談

ホーム ≫ 便秘がちな私が心がけていること

便秘がちな私が心がけていること

私は介護職をしている58歳になる男性です。よく「女性は便秘がちの人が多い」とか聞きますが、私は男性ですが慢性的な便秘症です。

便秘薬はその日によってちゃんと効く量がかわるから難しい

調子がいい時には毎朝のトイレで少しずつお通じ有るのですが、2~3日無いという位は良くあることです。普段からそうなのであまり気に留めていないのですが、さすがに3日目などとなるとお腹が張ってきて苦しくなったりします。何かする時でも力が入らなくなったり。頻繁に便意を感じてトイレに行ってもダメ・・・。そろそろ腸の中で便が硬くなってきています。

それが4日目、5日目となるとかなり辛い事になり、何事も切羽詰まってからでないと行動しないタイプの私は「薬を飲んだらよかろうか、飲もうか?」などと焦り始めるわけです。

でも薬ってちょっと苦手です。何故かと言うと飲む量が分からないからなのです。例えば、ある日2錠飲んだけど効かない、なので次の日に3錠飲んで、下痢になってしまった・・・ と、おバカな事をやっちゃうのです。出るものは出て助かった訳ですが、たっぷりと別の苦しみを味わう事になり、薬に軽いトラウマができてしまいました。

それに、その時の体調や便秘の程度によって同じ量の薬を飲んでも効果の程が違ったりもするので厄介なのです。
以来心がけているのは「水分を多く摂る事」です。あまり多く飲みすぎてもいけませんが、コーヒーやお茶、あとただの水道水でもちょくちょく飲んでいる日はお通じが順調になりますね。あと、私は朝目が覚めると直ぐにトイレへ行くのですが、ある人から「目がさめたらますコップで一杯水を飲んで、少し時間を置いてからトイレに行くと良いよ」と言われた事があり、時間に余裕の有る時はそうしてみると何となく効果がある気がします。十分な水分補給って大切ですね、いろいろな面で。

ご飯を炊く時のお水の量でも便秘に影響することがある

そういえば、こんな体験もありました。ある日それまで使っていた炊飯器が壊れてしまって新しい炊飯器に買い替えたのですが、どういった具合か、その炊飯器だとお米の炊き上がりが少し硬くなるのでした。

少々の違いだったので「まあ良いか」なんて思って食べ続けていると、お通じの無い日が続き始めました。あまりひどくならない内に無事お通じが有ったのですが、以来炊飯器の規定の目盛りよりも水を多目に入れて柔らか目のお米を炊くようにしました。お米の硬さも結構影響するんですね・・・。

ちょっと話が反れますが「無洗米」は普通の水分量だと硬く炊けます。なので無洗米の場合は更に規定の目盛りよりも多く入れる事になります。お米を変える時は水の量は要チェックです。

水分を多めに摂ることを心がける前は、長ければ6日ほど便秘が続く事が有りましたが、水分を多めに摂っていると、毎日か1日おき位にお通じが有るので体調的にも精神的にも良好です。

余談の様な話ですが、最近ちょっと驚いた事が有りましたのでそれを書いておこうと思います。私は普段牛乳を飲まないのですが、ある事情が有ってここ数日牛乳を飲み続けています。するとトイレの時に柔らかい便がスルリと楽に出てくるのです。思わず『牛乳すごいわ~!』と思いました。牛乳飲んでもお腹グルグルにならない方にはお勧めだと思います。

それから結構肝心なのは「できるだけ我慢をしない」という事です。職場で勤務中でどうしても行けないなどの時もありますが、トイレへ行ける時はさっさと行くという事です。例えば、仕事の帰りや買い物の帰りなどに便意を感じた時についつい家に帰るまで我慢してしまいがちですが、途中に公衆トイレなどがある場合はそこを利用してしまった方が良いです。

あと家に居る時でも、今テレビで観ている番組が終わるまでとか、この漫画を読み終わってしまうまで、とか後回しにして我慢して便意の波を乗り越えてしまった後でトイレに行っても、さっきまで出そうだったのにいざトイレに来たら出ない、なんて事が多々あるのです。せっかくのタイミングを逃して便秘が長引くと言う事も私の場合あります。そういう方は他にもいるのではないでしょうか?

私の場合の事ばかり書いてしまいましたが、皆さんもご自分に合った対処法を見つけてくださいね。そして便秘があまりひどい時や良い対処法が見つからない時は恥ずかしかったりせずに病院へ行ったり専門の人に相談するのをお勧めします。