便秘を解消するメリット

ホーム ≫ 便秘を解消して吐き気を改善しよう

便秘を解消して吐き気を改善しよう

便秘は吐き気の原因になるの?

食あたりやアルコールの過剰摂取といった吐き気の要因が思い当たらないのにも関わらず、何となく気持ちが悪いと感じている方はいます。

吐き気の原因は多岐に渡るので一概には説明できないものの、もしかしたら便秘が引き金になっているかもしれません。

便秘は腸内に便が溜まって体外へと排出できない症状で、何日間にも渡って続いていればパンパンに詰まった状態となります。

体外に便を排出できなくても私たちは生きるために食べ物を食べなければならず、腸の中がいっぱいで胃の中に残留するからこそ吐き気の原因に繋がるのです。

つまり、身に覚えのない吐き気は内臓機能の悪化による便秘のサインだと捉えられ、そのまま放置するのは危険なので何かしらの対策を練った方が良いでしょう。

便秘による吐き気と腹痛について

便秘の期間が長く続くと吐き気だけではなく、腹痛を引き起こすこともあります。

腸の中に不要物が溜まって悪玉菌が増殖し、アンモニアを中心とする有毒ガスが溜まって腸を内側から圧迫するからこそ腹痛の原因に繋がりやすいのです。

吐き気と腹痛の両方の症状があらわれていると、腸内環境はかなり悪くなっていると想定できます。

大腸の働きの異常が原因で引き起こされる機能性便秘ではなく、大腸がんや腹膜炎、腸閉塞や腸捻転といった疾患が引き金の器質性便秘の可能性もあるので、自分の症状を良くチェックしておかなければなりません。

便秘を解消して吐き気を改善しよう

酷い吐き気で悩まされている時は身体が助けを求めているサインで、便秘が原因ならば早めに解消のために何かしらの対策を練らなければなりません。

・ニューロキニン1受容体拮抗剤
・ステロイド剤
・ドーパミン受容体拮抗剤
・抗精神病薬
・5-HT3受容体拮抗剤

吐き気の症状をコントロールする医薬品として上記が有名ですが、便秘という根本的な原因を解消しなければ一時的に症状を抑えても意味がないのです。

そこで、便秘と吐き気の両方に効き目がある解消法をご紹介しているので、是非一度実践してみてください。

・腸の働きを改善して有毒ガスを排出してくれる内関(ないかん)のツボを刺激する(手首から指3本分下に位置している)
・便が出るまではなるべく固形物を食べないように心掛けて、小まめに水分補給を行う
・クエン酸による腸内活動活発化と吐き気の抑制効果を持った梅干しを食べてみる
・消化する際に負担が加わらないリンゴを食べる(便秘の解消に効く食物繊維や吐き気を抑えるペクチンが含まれているのでおすすめ)

便秘の解消に焦点を当てるのならば、当サイトでご紹介しているサプリメントのはぐくみオリゴが適しています。

粉末タイプなのでリンゴやジュースなどと混ぜ合わせて摂取できますし、身体の内側から体質改善を図れるので一度はぐくみオリゴを試してみてください。

<<はぐくみオリゴの公式サイトはこちら>>

便秘による吐き気がおさまらない場合は病気を疑おう

便秘による吐き気が長期間に渡って続き、一向におさまらないという場合は病気を疑った方が良いかもしれません。

吐き気や嘔吐を伴う便秘は危険性が高く、下記のような病気の可能性があります。

腸閉塞:腸管が塞がって食べ物や消化液が溜まって身体に様々な不快な症状が引き起こされる
大腸がん:平成15年における日本人女性の死因のトップで便秘や血便が生じる
腹膜炎:ウイルス感染によって便秘や吐き気、嘔吐や悪寒といった症状が続く
腸捻転:腸の捻れによって詰まる病気で、一刻も早く適切な治療や手術を受けないと命の危険に繋がる

上記の病気に加えて、近年では過敏性腸症候群と呼ばれる病気で悩まされる人が増えました。

病院で特定の検査を行っても炎症や潰瘍といった疾患が認められないのにも関わらず、便秘や下痢の症状が繰り返される症状で、若者の発症率が特に増えています。

便秘や下痢に加えて、下腹部の痛みや吐き気といった症状でも悩まされやすく、複数の症状が重なったら過敏性腸症候群のような病気を疑うべきです。

どのような状態でも放置は危険なので、消化器科や胃腸科といった診療科を受診して専門医の診察を受けてみてください。