便秘を解消する方法

ホーム ≫ 便秘を解消するために腸内環境を整えよう

便秘を解消するために腸内環境を整えよう

腸内環境を整えて便秘を解消しよう

便秘は腸の中に便やガスなどの不要物が溜まって、体外へと排出できない状態を指します。

便秘自体は病気とは考えにくいものの、放置しているとお腹が苦しくなったり吐き気が生じたりと日常生活に支障が出やすくなるため、早めに解消しなければなりません。

その解消法として効果的だと言われているのが腸内環境の改善で、食べ物が食道を通り、胃で消化されて腸に行き着き、不要なものが肛門から便として排出されるメカニズムなので当然です。

健康的な腸内には100種類以上もの細菌が棲み付いており、以下の3種類に大きく分けられます。

善玉菌:腸内を弱酸性に保ってぜん動運動を活性化させたり免疫力を高めたりする
悪玉菌:腸内をアルカリ性に保って環境を悪化させ、肌が荒れたり生活習慣病を引き起こしたりという原因に繋がる
日和見菌:善玉菌と悪玉菌の強い方へと加勢する細菌

これらの腸内細菌が種類ごとにまとまって敷き詰められており、バランスを保ったこの生態系のことを腸内フローラと呼んでいます。

便秘で悩まされている方は悪玉菌が優位な状態になっているケースが多いので、善玉菌を増やして腸内環境を整えるのが便秘の解消として手っ取り早いのです。

そこで、腸内環境を整えたい方には、当サイトでご紹介している便秘解消サプリメントのメタバリアスリムの使用が適しています。

メタバリアスリムの中には糖質の吸収を抑えるサラシア由来のサラシノールが配合されており、善玉菌のエサとなって増やしてくれるので腸内環境の正常化に繋がるのです。

悪玉菌が優勢な状態を放置していると便秘の症状が悪化するだけではなく、病気を患いやすくなったりアレルギー症状が悪化したりと様々な弊害があるので注意しなければなりません。

その状態を身体の内側から改善してくれるのがメタバリアスリムなので、1ヵ月分の240粒が4,935円という格安の料金設定となっているうちに購入してみてください。

<<メタバリアスリムの公式サイトはこちら>>

さて、腸内環境を整えて便秘を解消するに当たり、市販されているヨーグルトの摂取も実に適しております。

「ヨーグルトを食べると便秘の解消に繋がる」という話をどこかで耳にしたという人は多いのではないでしょうか。

これは紛れもない事実で、ヨーグルトの中には善玉菌のエサとなるビフィズス菌が配合されています。

1日や2日で体内が大きく変化するわけではありませんが、ある程度の期間に渡って続けると善玉菌が増えて下記のような効果が得られるのです。

・腸のぜん動運動を活性化させて便を排便しやすくして便秘を解消する
・腸内を弱酸性の状態で保って病原菌やウイルスによる感染症を防ぐ
・腸内でビタミンB群やビタミンKを作って美容を促す
・コレステロールを吸収しにくくして太りやすい体質を改善する
・悪玉菌の数を抑えて生活習慣病の発症を未然に予防する

ただし、日本で販売されているヨーグルトの数は7,500を超えており、どの種類でも良いというわけではありません。

胃酸など消化の過程で死んでしまうビフィズス菌や乳酸菌が含まれていても意味がないため、腸まで生きて届くプロバイオティクスの記載がパッケージにある商品を食べるのが必須です。

善玉菌を強く育てて増やせるオリゴ糖が含まれたはぐくみオリゴも効果的なので、ヨーグルトに混ぜて摂取してみてください。

<<メタバリアスリムの詳細はこちら>>