便秘を解消する方法

ホーム ≫ 即効性のある便秘の解消法

即効性のある便秘の解消法

即効性のある便秘の解消法はあるの?

便秘で長期間に渡って悩んでいる方は、「即効性のある方法を知りたい」と考えるはずです。

確かに、お腹が詰まって苦しくなったり吐き気が生じたりすれば、少しでも早く元の正常な状態に戻りたいと考えても不思議ではありません。

インターネットで調べてみると、以下のような方法が即効性があると紹介されておりました。

・ピンと背筋や脚を張って爪先立ちの状態で5分間程度キープする
・手首の間使(かんし)やおへそから左右の2ヵ所の大巨(だいこ)などの整腸効果のあるツボを刺激する
・便秘薬の主原料として医薬品に指定されているセンナ茶を飲む

爪先立ちによって血行改善や基礎代謝の向上、足腰の強化に繋がり、腸のぜん動運動が活性化されるので便秘の解消に繋がると考えられています。

整腸作用のあるツボを刺激すれば働きが活性化されますし、センナ茶は硬くなった便へと水分を与えて柔らかくするので効果的です。

しかし、どれも1日や2日で便秘を解消できるほどの即効性はなく、改善までにある程度の期間がかかると心得ておいた方が良いでしょう。

便秘薬の服用は即効性のある解消法なの?

即効性のある便秘の解消法を探しているのならば、民間療法ではなく便秘薬を服用するのが良いかもしれません。

薬剤の効果で一時的に便を排泄させてお腹の張りや吐き気、下腹部の重みといった症状を和らげてくれるのが便秘薬です。

アントラキノン系やジフェニルメタン系、膨張性下剤など複数の種類に分かれていますが、どれも辛い症状のサポートに繋がるのは間違いないでしょう。

即効性のある便秘薬としては以下の5種類が挙げられます。

・大正製薬から販売されている「コーラック」
・ロート製薬から販売されている「スラーリア」
・スキャンポファーマから販売されている「アミティーザ」
・エスエス製薬から販売されている「スルーラックS」
・アラクスから販売されている「カイベールC」

どれも便秘の解消に大きな効果を発揮するのは間違いないものの、身体には一定の負担が加わります。

即効性が期待できても腹痛や下痢のような副作用が起きたり、耐性が出来上がって効き目が薄くなったりという弊害があるので十分に注意してください。