便秘を解消する食事・栄養素

ホーム ≫ 便秘を解消するヨーグルト

便秘を解消するヨーグルト

便秘を解消するために必要なヨーグルトの量はどのくらい?

便秘の解消に適していると言われている食べ物がヨーグルトで、現在ではコンビニやスーパーで気軽に購入できるようになりました。

ヨーグルトが便秘の解消に良いのは乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が豊富に含まれているからで、悪玉菌を減らして腸内環境を整えることができます。

悪玉菌⇒食べ物を腐敗させてアンモニアやアミンなどの有害物質を生成する
善玉菌⇒整腸作用があって食べ物の消化や吸収を助ける

善玉菌が優勢な腸内ならば便を排出するためのぜん動運動が活発になるため、便秘などのトラブルが引き起こされにくくなります。

便通が良くないと便秘になって便が腸内に溜まり、悪玉菌が増えて有毒物質が増えるという負のスパイラルに陥る可能性があるのでヨーグルトを食べるのが良いのです。

医薬品ではないので1日の摂取量は特に定められていないものの、小さなカップサイズ(100g)のヨーグルト1個程度が良いかもしれません。

確かに、腸内環境を促して便秘を解消するのに適しておりますし、ヨーグルトの中にはビタミンやミネラルといった生きていくために欠かせない栄養素も配合されています。

しかし、あまりにもたくさんの量を食べていると逆に下痢で悩まされる可能性があり、糖分が多く含まれていれば健康が阻害される大きな原因になり兼ねないのです。

1日に100g程度の量ならばカロリーオーバーの心配もなく、安心して便秘の解消に繋げられるのではないでしょうか。

もし、ヨーグルトだけでも便秘の解消に繋げられないのならば、粉末タイプの健康食品のはぐくみオリゴをおすすめします。

はぐくみオリゴの中には善玉菌を強く育てるオリゴ糖がたっぷりと含まれており、ヨーグルトの乳酸菌とのダブルの効果で便秘の症状を和らげられるのです。

サプリメントのはぐくみオリゴ自体の糖分は抑えられており、ヨーグルトに混ぜて美味しく召し上がれるので一度試してみてください。

<<はぐくみオリゴの公式サイトはこちら>>

便秘の解消に繋がるヨーグルトの種類について

便秘の解消としてヨーグルトを毎日の食生活に取り入れるに当たり、その種類に気を配らなければなりません。

「ヨーグルトならば何でも良い」という単純な話ではなく、普通の製品では胃酸に弱いので生きたまま腸内に届くことはないのです。

そこで、「どの種類のヨーグルトを食べれば良いのか分からない」という方は、プロバイオティクス商品を選択してみましょう。

胃酸や胆汁酸に消化されずに腸まで届くのが大きな特徴で、「プロバイオティクス」や「生きて腸まで届く乳酸菌入り」とパッケージに記載されているヨーグルトならばより便秘の解消に効果が期待できます。

あくまでも食品なので医薬品のような大きな効能は得られないものの、毎日の生活に気を配って善玉菌を増やすという便秘の解消法は実に大事なのです。

・明治「ブルガリアヨーグルト」
・明治「ヨーグルトR1」
・森永「ビヒダス」
・森永「ラクトフェリンヨーグルト」
・グリコ「ヨーグルト健康」
・チチヤス「毎朝快調ヨーグルト」
・メイトー「おなかで増えるLKM512」

上記の製品がプロバイオティクスのヨーグルトに該当するので、コンビニやスーパーで見掛けたら購入してみましょう。

また、自分に合ったヨーグルトを探すためにも、以下のような選び方にも気を配ってみてください。

・トクホマーク(特定保健用食品)が付いているかどうか
・長期間に渡って続けやすい価格かどうか
・糖分やカロリーが抑えられているかどうか

1週間から2週間くらいに渡って食べてみて特に変化が得られないようならば、別の銘柄のヨーグルトに変えてみるべきです。

それに、腸内のビフィズス菌を増やせたとしても、きちんと機能するためには野菜類や豆類に含まれている食物繊維が必要となります。

そのため、ヨーグルトだけではなく水溶性と不溶性の食物繊維をバランス良く摂取し、便秘の解消に繋げられるように努力してみてください。