便秘解消と年齢・性別

ホーム ≫ 乳児期の便秘は離乳食で解消しよう

乳児期の便秘は離乳食で解消しよう

乳児期の便秘は離乳食のレシピに気を配って解消しよう

赤ちゃんが生まれてから直ぐは母乳やミルクを飲んで育つため、便が固まることはなく便秘になることはありません。

しかし、乳児期になって離乳食を食べだすとだんだんと便が固形へと変化し、便秘の症状を訴えることがあります。

「赤ちゃんのお腹が張っている」「赤ちゃんが苦しそうにしている」という状態だと便秘の可能性があるので、離乳食のレシピに気を配って解消してみてはいかがでしょうか。

特に、離乳食の割合が増えると母乳や粉ミルクを飲む機会が減り、水分不足が原因で便秘になりやすいので注意が必要です。

そこで、以下ではインターネットで紹介されていた乳児期の離乳食のレシピをご紹介しているので、便秘を解消するために一度作ってみてください。

食物繊維が含まれたさつまいもとかぼちゃをペースト状にした食べ物
・栄養満点のおからが入ったほんのりと甘いバナナパウンドケーキ
・水分不足が原因の便秘の解消に適した天然のみかんジュース
・サツマイモとヨーグルトを混ぜ合わせて固めた離乳食
・便のカサを増すのに適したコーンフレークのすりつぶし
・食物繊維と乳酸菌の両方を同時に摂取できるバナナヨーグルト

赤ちゃんの好みに合わせた離乳食を作るのが一番で、同時に白湯や麦茶を飲ませて水分補給を意識していれば乳児期の便秘を解消できます。

苦しくていつまでも泣き止まなかったり、固い便が出て肛門を切って出血したりという症状を未然に防げるはずです。

離乳食を変えただけでは変化がないのならば、当サイトでご紹介しているはぐくみオリゴを混ぜてあげるのも選択肢の一つとなっています。

わずか1杯の粉末で腸内環境を整えられるオリゴ糖を摂取できるのがはぐくみオリゴの魅力で、毎日食べる食べ物や飲み物に混ぜ合わせることが可能です。

もちろん、離乳食の中に混ぜることもでき、小さな赤ちゃんでも安心して摂取できるように「無香料」「無着色」の健康食品なのも特徴なのではないでしょうか。

赤ちゃんの離乳食だけではなく便秘で悩む産後のママの解消法としても適しているので、親子ではぐくみオリゴを摂取してみてください。

<<はぐくみオリゴの公式サイトはこちら>>

乳児期の便秘は離乳食だけではなく食事のリズムにも焦点を当てて解消しよう

上記でもご説明したように、乳児期の便秘は離乳食のメニューに気を配って解消するのがおすすめです。

それと同時に、毎日の食事のリズムを一定に保つ点にも気を配らなければなりません。

離乳食の初期は生後5ヶ月~6ヶ月、中期は生後7ヶ月~8ヶ月、後期は生後9ヶ月から1歳程度が目安となっています。

赤ちゃんの成長具合によって差が生じているので一概には説明できないものの、初期は赤ちゃんにとって初めての食事なので量や時間を一定にして規則的なリズムを身に付けなければならないのです。

今までは泣いてお腹が空いた時に母乳や粉ミルクだけをあげるだけで良かったかもしれません。

しかし、離乳食が始まってからは食事のリズムを乳児期の赤ちゃんに正しく覚えさせなければならず、規則正しい食生活によって自然と便秘の解消に繋がります。

生後半年を過ぎれば時間の区別ができるようになり、昼と夜で生活リズムを作り上げる重要な時期なので、不規則に食事を与えるのはできる限り避けるべきです。

もちろん、食事メニューの改善やマッサージで便秘の解消に繋がらないのならば、自己判断ではなく小児科の医師へと相談してください。