便秘解消と年齢・性別

ホーム ≫ 高齢者の便秘の原因と解消法

高齢者の便秘の原因と解消法

高齢者の便秘の原因は何?

便秘と聞くと若い女性や妊娠中の人が悩まされやすいというイメージがあるかもしれませんが、実は高齢者でも引き起こされやすくなっています。

以下では、高齢者の便秘の原因を箇条書きでまとめているので、一度参照してみましょう。

・身体の各機能が衰えて胃腸の働きが損なわれる
・若い世代と比べて歩かなくなるので運動不足に陥りやすい
・体内の水分含有量の減少で便の水分も必然的に少なくなる
・消化機能の衰えによって食事量が減少して排便する習慣が付かなくなる
・様々な常用薬の服用によって副作用が引き起こされている

上記のような原因で高齢者は便秘で悩まされやすく、「若い頃は何とも無かったのに年齢を重ねてから引き起こされた」というケースは少なくありません。

高齢者の便秘の解消法を把握しよう

高齢者の便秘として運動不足の解消は非常に重要な位置付けとなっており、年齢による活動量の低下を補うことができます。

歳をとって肉体が衰えるのは自然現象なので致し方ないものの、腸自体の機能が衰えて便秘が慢性化すれば日常生活に支障が出るため、身体を動かす運動は大事なのです。

もちろん、高齢者の場合は少し身体を動かしただけでも疲れることが多く、無理に運動をすれば良いわけではありません。

1日に20分間程度のウォーキングでも十分ですし、満足に身体を動かせないのならば医師と相談して仰向けの腹式呼吸や体幹捻りといったエクササイズを取り入れてみるべきです。


高齢者への間違った便秘の解消法は何?

年齢によって効果的な便秘の解消法は異なります。

若い世代には有効な方法でも、高齢者にとっては間違っているケースもあるので注意しなければなりません。

特に、高齢者は腸の機能低下で消化や吸収の力が衰えているので、食物繊維を含む食べ物ばかり食べるのは危険です。

適度な食物繊維は便秘の解消に欠かせないものの、豆類や野菜類などの固形物の摂取は控えて水分補給を中心に対策した方が良いでしょう。

また、ご老人にとって冷えも天敵の一つなので、冷たい水ではなく白湯で水分補給を心掛ける必要があります。

他にも、便が固くなるのを防ぐマグネシウムを高齢者が長期間に渡って服用すると、高マグネシウム血症によって意識障害や不整脈を引き起こすことがあるので注意してください。