便秘解消と年齢・性別

ホーム ≫ 産後の授乳中の便秘解消法

産後の授乳中の便秘解消法

産後の授乳中の便秘解消法を把握しておこう

産後の授乳中はホルモンバランスの乱れや慣れない子育てによるストレスなど、様々な原因によって便秘が引き起こされやすくなっています。

「一時的な症状」と放置していても治らないことも多いので、意識的に便秘を解消するための対策を練ってみてはいかがでしょうか。

・授乳してから便秘が悪化して困っています
・子育てを始めてからお通じができない日々が続いています
・赤ちゃんに母乳を与えてから便が固くなって肛門が切れることがあります

上記のような悩みを抱えている産後の女性は多く、どのように解消すれば良いのか以下では記載しているので参考にしてみてください。

通販で取り扱っているサプリメントを飲んでみよう

産後の授乳中は子育てで手一杯で赤ちゃん中心の生活になるため、通販で取り扱っている便秘解消サプリメントを飲んでみましょう。

医薬品ではなく健康食品なので副作用のリスクはなく、産後のデリケートな時期でも安心して毎日の生活に取り入れられます。

食生活の見直しや運動不足の解消といった方法だけでは直ぐに効果が出ないので、サプリメントなどの商品に頼った方が良いのです。

当サイトでは、体内に棲んでいる300種類以上の善玉菌を力強く育て、便秘を解消へと導くはぐくみオリゴをご紹介しています。

「無着色」「無香料」「無添加」と赤ちゃんでも飲める健康食品なので、産後の女性は一度はぐくみオリゴを試してみてください。

<<はぐくみオリゴの公式サイトはこちら>>

毎日の生活の中で水分補給を心掛けよう

授乳中の女性は母乳を赤ちゃんに与えており、体内の水分が不足気味になります。

成人女性の1日の目安水分摂取量⇒1,500ml~2,000ml
授乳中の1日の目安水分摂取量⇒3,000ml~4,000ml

上記のように産後の女性ほど水分補給を意識しなければならず、便の中に含まれている水分の量が増えれば便秘の解消に繋がるのです。

一口に便秘と言っても、大腸の筋肉が縮むことで生じる弛緩性便秘や、大腸が激しく動くことで生じる痙攣性便秘など幾つかの種類に分けることができます。

どのような症状でも水分補給が大事な点では一緒で、母乳で奪われる水分を補うためにも意識的に飲み物を飲むようにしましょう。

しかし、カフェインや糖分を多く飲み物はできる限り避けた方が良いので、食物繊維が豊富なごぼう茶やノンカフェインのルイボスティーなどがおすすめです。

運動や体操を毎日の生活に取り入れよう

大腸の働きを活性化させて便秘を解消するために、運動や体操を毎日の生活に取り入れてみましょう。

「産後も運動した方が良いの?」とビックリするかもしれませんが、出産の翌日から体調に合わせて身体を動かす産褥体操は病院で実施されています。

自宅で子育てをしていると赤ちゃんを放り出して外に出掛けるのは難しいものの、家の中で行える体操やエクササイズは多いのです。

身体に負担をかけないようにスクワットをしてみたり、入浴後にストレッチをして筋肉を解してみたりと、子育てをしながらでも十分に試せます。

授乳中は特に毎日が緊張状態で、赤ちゃんの一挙手一投足に気を配ることで気が立っていたりストレスが溜まったりというケースは少なくありません。

イライラやストレスが原因で自律神経に乱れが生じ、便秘の症状が悪化することもあるため、上手にリフレッシュを心掛けてください。

授乳中でも服用できる便秘薬を使用しよう

普段の生活で症状の改善に繋げられないのならば、便秘薬に頼るのは選択肢の一つです。

妊娠中と同じように母乳を赤ちゃんに与えている授乳中は医薬品を服用しても良いのかどうか不安かもしれません。

そこで、大正製薬から販売されているコーラックや便を柔らかくするマグラックスなど、授乳中でも服用OKな便秘薬を使ってみましょう。

もちろん、自分勝手な判断で医薬品の種類を決めるのは危険なので、赤ちゃんの健康に気を配るためにも授乳中の女性は薬剤師に相談したり産婦人科を受診したりして、自分の体質に適した便秘薬を処方してもらってください。