便秘解消と年齢・性別

ホーム ≫ 妊娠中の便秘の原因と解消法

妊娠中の便秘の原因と解消法

妊娠中の便秘の原因は何?

妊娠中の女性は他の人と比べて便秘になりやすく、医学的にもはっきりとしている原因が潜んでおります。

「排便できない」「お腹が張っている」という症状で悩んでいる妊娠中の女性は多く、決して恥ずかしいことでも何でもありません。

以下では、妊娠中の便秘の原因を箇条書きでまとめているので、女性は一度参照しておいてください。

プロゲステロンの分泌量が増える

女性の身体は妊娠によって黄体ホルモンのプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が増えます。

エストロゲンと共に分泌されている女性ホルモンがプロゲステロンで、以下のような働きがあるのです。

・子宮の収縮を抑える
・食べ物を肛門に送り出す平滑筋を抑える
・大腸のぜん動運動を抑制する

大腸が収縮しながら便をお尻へと送り出すのがぜん動運動で、この働きの抑制によってスムーズに流れないため便秘の原因に繋がります。

子宮が大きくなって腸を圧迫する

妊娠後期になると赤ちゃんの成長に合わせてお腹が大きくなり、腸を圧迫することが原因で便秘が引き起こされやすくなります。

腸が圧迫されれば動きが抑制されますし、血液もスムーズに流れにくくなるので上手く排便できなくなるのです。

肛門も同じように圧迫されるので、イキんで出した際に切れて痔に繋がる女性も多いかもしれません。

つわりで食欲不振に陥る

妊娠初期に引き起こされる吐き気や嘔吐といった症状がつわりで、妊娠に気付くサインの一つとなっています。

つわりがあまりにも苦しいと食欲不振に陥り、食べやすい食べ物だけを口にするようになるので食物繊維の摂取量が減って便秘の原因に繋がりやすいのです。

体調や生活の変化によってストレスが加わり、自律神経の乱れも合わさって食欲が湧かなくなる妊娠中の女性も多いかもしれません。

妊娠中の便秘の解消法を把握しておこう

上記のような理由で妊娠中の女性は便秘を引き起こしやすく、自然現象なので仕方がありません。

しかし、症状を放置していると苦しくなったりストレスが溜まったりするので、自分の症状に合わせた解消法を実践する必要があります。

以下では、妊娠中の女性に適した便秘の解消法をご紹介しているので、一度試してみてください。

サプリメントを摂取して便秘を解消しよう

妊娠中はお腹の赤ちゃんのことを考えて医薬品はなるべく服用しない方が良いので、便秘を解消するサプリメントに頼ってみてはいかがでしょうか。

市販薬でも病院で処方される内服薬にも薬効の裏には必ず副作用があり、自分勝手な判断で服用するのは危険です。

その点、サプリメントは栄養素が豊富に含まれた健康食品なので、妊娠中でも安心して摂取できます。

当サイトでは、粉末タイプの健康食品のはぐくみオリゴをご紹介しており、「妊娠中だから自然な素材が良い」「妊娠による体質の変化が原因の便秘をどうにかしたい」という女性におすすめです。

妊娠による体質の変化はあくまでも一時的なものなので出産すれば元通りになりますが、だからと言って便秘を長期間に渡って放置するのは辛いと思います。

スッキリできない女性のことを考えて作られた製品がはぐくみオリゴなので、便秘を解消するために一度試してみてください。

<<はぐくみオリゴの公式サイトはこちら>>

食べ物で便秘を解消しよう

妊娠中の女性に限った話ではありませんが、毎日摂取する食べ物で便秘の解消へと繋げるのは実に効果的です。

つわりで悩まされている女性は食べ物を口に入れるだけでも辛いかもしれませんが、ある程度の食事量をとらなければ健康的な便は生成されません。

そのため、以下のような食べ物を無理せずに食べてみましょう。

・トウモロコシや豆類など腸の働きを活発にする不溶性食物繊維
・ワカメやこんにゃくゼリーなど便を柔らかくする水溶性食物繊維
・善玉菌を増やして腸内環境を整えるヨーグルト
・グルコン酸やオリゴ糖を含んでいるはちみつ
・オートミールやグラノーラを中心とするシリアル食品

固形物を食べるのは難しくても、ヨーグルトやこんにゃくゼリーのような食べ物ならば食欲が湧かない時でも食べられるはずです。

運動や体操で便秘を解消しよう

便秘の解消には運動や体操で身体を動かすのが必須で、これは妊娠中の女性でも一緒です。

運動と言っても激しく動かせば良いというわけではなく、軽く汗をかく程度のウォーキングでも大きな効果を得られます。

お腹が大きくなって外に出るのが億劫ならば、仰向けで寝て上半身を捻る「ひねりのポーズ」や、壁に立って息を吐きながら身体の横を伸ばす「稲穂のポーズ」といったエクササイズも良いかもしれません。

1日や2日に渡って身体を動かせば良いわけではなく、運動は何よりも継続させなければならないので、定期的に行う習慣を付けてください。